対物賠償保険

対物賠償保険とは

追突事故対物賠償保険とは、車で事故をおこしてしまい、車や民家の壁など、他人の物に損害を与えてしまった場合に補償する保険です。

 

他人の物を壊してしまったのであれば、それを事故の前の状態に戻すために必要な費用を負担する責任が生じます。要するに賠償責任ですね。

 

その賠償責任分の金額を補償するものが「対物賠償保険」です。

 

<補償対象になる事故例>

  • ハンドル操作を誤り電信柱に衝突。電信柱が倒れてしまった。
  • 停車中の車に接触。相手の車のボディーを傷つけてしまった。
  • アクセルをブレーキと間違えて踏み、コンビニに突っ込んでしまった。
  • 交差点で他の車と追突。その勢いでガードレールも壊してしまった。

 

これらの例のように、他人の物を壊してしまった場合、
その修理費用や買い替え費用にあたる賠償金相当が支払われます。

 

また、他人の物に損害を与えることによって生じる二次的な損害も補償対象です。

 

例えば、上記の例にもあるようにコンビニに突っ込んでしまい、
それを直すまでの間、コンビニが営業できなかったとすると、
その分の営業損害が出ますので補償されます。

 

また、タクシーやバスにぶつけてしまった場合も、修理期間中の営業ができなくなりますので、やはり営業損害分の補償を受けることができます。

 

事故を起こす前に、どんな物を壊してしまうかなんて当然わかりません。
もしかしたら、ものすごく高級な物を積んでいる車に追突してしまうかもしれませんし、
すごい繁盛しているお店に突っ込んで長期間営業ができなくなるかもしれません。

 

対人賠償保険と合わせて、
対物賠償保険も保険金額の設定は「無制限」にしておきましょう。

 

よく「1000万円」とか「2000万円」という設定の方もいるようですが、
「無制限」にしたとしても、たいして保険料は上がりません。

 

万が一のときの保険です。
安心のためにも、必ず「無制限」にしておくことをオススメします!

 

グループサイト紹介

車両保険ガイドの画像

車両保険ガイド
契約車両(自分の車)が盗難されたり、損傷してしまった場合の保険である車両保険について詳しく解説したサイトです。どんな時に補償対象となるのか。車両保険の種類。補償対象外となる場合など、1つ1つ詳しく紹介されています。