対物賠償保険の被保険者

補償の対象となる人

対物賠償保険の補償対象となる人、
つまり被保険者の範囲は下記のとおりです。

 

<被保険者の範囲>
(1)記名被保険者
(2)被保険自動車を使用または管理中の次のいずれかに該当する者
  ア.記名被保険者の配偶者(内縁を含む)
  イ.記名被保険者またはその配偶者の同居の親族
  ウ.記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚の子
(3)記名被保険者の承諾を得て被保険自動車を使用または管理中の者。
(自動車取扱業者が業務として受託した被保険自動車を使用または
管理して いる間を除く)
(4)記名被保険者の使用者(請負契約、委託契約またはこれらに類似の
   契約に基づき記名被保険者の使用者に準ずる地位にあるものを含む)
  ただし、記名被保険者が被保険自動車をその使用者の業務に
使用している場合に限る

 

これらの人が被保険自動車を使用して、
他人の物に損害を与えてしまった場合に対物賠償を使用することができるのです。

 

(1)〜(4)まで難しく書いてありますが、
要するにこの2つと覚えておけばいいでしょう。

 

(A)無断で被保険自動車を使用したわけでなければ補償対象。
(B)ガソリンスタンドや修理業者等の自動車取扱業者が、 
   車を預かって運転し、事故をおこしたとしても補償対象外。

 

ちなみに(3)の部分が気になる人もいるんじゃないでしょうか。

 

例えば、記名被保険者の父親の友人Aが、父親から車を借りて、
記名被保険者の承諾を得ずに使用したとしたら補償対象外になるんでしょうか?

 

父親の友人は(1)(2)(4)に当てはまりません。
ということは(3)に当てはまらないと対象になりませんよね。

 

でも大丈夫なんです。
(3)のことを許諾運転者と呼ぶのですが、記名被保険者が承諾していなくても、
父親が車を貸すことに対して、何も意思表示していなければ、
父親の友人Aは許諾運転者として認められるのです。

 

もし、記名被保険者が貸すことを拒否していたら、
許諾運転者とはなりませんので、補償対象外となりますから注意が必要ですよ。