対物賠償保険 免責事由

対物賠償で補償されない場合

車で事故をおこし、他人の物を壊してしまったら、
どんな場合でも対物賠償保険を使えるとは限りません。

 

下記はあくまでも代表的なものだけですが、
これらのケースでは対物賠償保険の対象外となりますので注意しましょう。

 

故意によるもの

契約者・記名被保険者・被保険者がわざと事故をおこし、
他人の物が損害を被ったとしても補償されません。当然ですね。

 

本人・親・子・配偶者の所有物の損害

「損害を与えた物の所有者によっては補償対象外」のページに詳細は書いていますが、
これらの人の所有物の損害を与えてしまっても補償対象外となります。

 

地震・噴火・津波・台風・洪水・高潮が原因となるもの

これらの自然災害による損害は莫大なものになるため対象外となっています。

 

戦争・外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱などの事変または暴動

これもかなり大きな損害になる可能性になるものなので対象外としています。
これらを原因とした混乱状態の中で、車を運転して他人の物に損害を与えても補償されません。

 

車に危険物を業務で積んでいた場合

毒物、劇物、火薬類などの危険物を積んでいる状況で事故をおこし、
他人の物に損害を与えたとしても補償されません。

 

競技や曲技、またはそれらの練習のために車を運転しているとき

競技場などでレースに参加中や、レースのための練習走行中の事故は対象外ということです。

 

−−−−−−−−−−−−−−−−
あくまでもこれらは補償対象外となる一部のケースです。
もっと詳しく知りたい方は、各保険会社の約款を確認してください。