対物 損害賠償

損害額の考え方

自動車事故で他人の物に損害を与えてしまった場合、
加害者には、損害金額を賠償する責任が生じますが、
その損害額をどのように考えるのかを簡単に説明します。

 

まず物の損害が出ているのですから、
その物自体の損害金額を算出する必要があります。

 

ここで重要なのが損害賠償金額というのは、
あくまでも事故の前の状態に戻すのに必要な金額ということなのです。

 

他人の物を壊してしまったという状況があり、
その状況を元の状態に戻すには2つの方法があります。
「修理する」「同等の物を購入する」かのどちらか。

 

一般的にはこのどちらかの方法で安く済むほうを選択し、
それに必要となる金額を賠償金として加害者は支払う義務が生じるのです。

 

例えば、10万円の新品の時計を壊してしまったとします。

 

その修理費が5万円だったとしたら賠償金は5万円。
修理費が12万円かかるとしたら、買ってしまったほうが安いので
賠償金は10万円が妥当と考えます。

 

でも、損害を被ったのが古い車の場合が厄介なのです。

 

例えば、かなり古い市場価格が15万円程度の車が損害を被ったとします。
この損害を修理するのにかかるのが40万円だとすると、
加害者の賠償責任は15万円となるんです。

 

この場合、法律上の損害賠償相当分の金額を補償する
対物賠償から支払われるのは15万円です。

 

当然のことながら、これはかなり揉めるんですよね。
被害者としては修理費が全額出ないんですから怒りますよね。
今まで乗ってきた車を直して乗りたいわけで、わざわざ違う車なんて買いたくない。

 

かといって、
保険会社も法律上の支払い責任がない分までを支払うわけにはいかない。

 

そこで開発されたのが、対物超過費用特約というものなのです。
この特約を付帯しておけば、上記の例のようなケースでも、
差額の25万円をこの特約で補償できるんです。

 

そうすれば揉めることなく、早期解決できるというわけですね。

 

間接損害について

物が損害を被ったことにより、間接的に違う損害が発生する場合もあります。
対物賠償保険では、そういった間接的な損害に対しても補償します。

 

・車でパチンコ屋の入り口に突っ込んでしまい、修理期間中の営業ができなくなった。
・後方からバスに衝突。修理期間中、バスの運行ができなくなった。

 

こういったケースでは物の損害だけではなく休業損害も発生します。
対物賠償ではこの休業損害についても補償してくれます。